色白の肌を守るための方法

色白の肌を守るための方法

 

色白の肌を保つためには、日頃の美白ケアが肝心です。

 

まずは紫外線による影響を受けないように工夫します。

 

紫外線によって肌に活性酸素が生み出され、それがシミの原因となるメラニン色素を増やしてしまうからです。

 

外出時には帽子をかぶったり日傘をさしたり、紫外線カット効果のあるクリームやファンデーションを肌につけたりすると、シミやくすみができるのを防ぐことができます。

 

帰宅後に洗顔したら、コウジやシムホワイト377など、肌にメラニン色素が沈着するのを防ぐ効果のある成分が配合されたローションを塗ります。

 

 

こうすることで、白い肌を守りやすくなります。
そして肌を漂白する効果のあるハイドロキノンやビタミンC誘導体が配合されたクリームを塗ると、その部分に沈着しているメラニン色素が分解され、肌の色合いが明るくなってきます。

 

これらの方法による美白ケアを日常的におこなっていると、真夏であっても年をかさねても、色白でい続けることができます。