美白の方法!短期間で白い肌をゲットする方法をご紹介!!

美白と言えば日焼け対策のUVクリームです。

 

でも、UVクリームをいくら厚塗りしても今の肌色をキープできるだけで、さらに肌の色を白くすることはできません。

 

今回は、美白とは直接関係ない項目もありますが、身体全身を美しくする、と言う意味で読んでみてくださいね。

 

それではまいりましょう!

 

このページの目次

1.日焼けしたくなかったらゴキブリになるしかない?
2.コラーゲンは飲むんじゃなくて浴びましょう!
3.脚はほどほどに日焼けしてもよいのでは?
4.顔と腕の脱毛で肌色トーンアップ!
5.美白化粧品ならポーラがダントツ!
6.ビタミンC点滴で美白効果を100倍に!
7.まとめ

1.日焼けしたくなかったらゴキブリになるしかない?

「ん??

 

ゴキブリになるって何のこと?

 

だいたい、ゴキブリって真っ黒じゃん!」

 

美白の方法!短期間で白い肌をゲットする方法をご紹介!!

 

肌を白くしたいのであれば 、UV クリームは当然使うことになります。

 

でも、 UV クリームをいくら塗っても肌は白くはなりません。
UV クリームは、今までの肌色をキープすることだけができます。

 

美白になるには、今まで紫外線によって黒くなってしまった肌を元に戻さなければなりません。

 

そのためには、紫外線を100%近くカットした生活を送らなければなりません。

 

もちろん、陽の光を全く受けない生活などは、コウモリにでも弟子入りしない限り無理でしょう。

 

そこで、外を歩くときには、ゴキブリのように道の端をスタスタと早足で歩くようにしましょう。

 

美白の方法!短期間で白い肌をゲットする方法をご紹介!!

 

東西に延びる道では、南側の端を歩けば建物の陰になります。

 

南北の道では、北側に向かって歩くときはよいのですが、南に向かって歩くときは、遠回りをしてもよいので、できるだけ高い木がたくさん植えられているところや、屋根のついた商店街を選びましょう。

 

陽が出ている時間帯に歩くときは、ゆっくりのんびり歩くのではなく、ゴキブリ方式でできるだけスタスタと歩きましょう。

 

目的地に向かって一気に歩いていけば、陽を浴びる時間も少なくてすみます。

 

さらに、日陰を歩いていても、日が当たっている部分からの照り返しに注意しなければなりません。

 

暑いですが、日焼けから守るためのマフラーを口の部分にまで巻いてみましょう。

 

美白の方法!短期間で白い肌をゲットする方法をご紹介!!

 

そんなのおばさんっぽくてやりたくないなどと言っている方は、美白コースから外れます。

 

ものすごくあやしい人に見られてしまいそうですが、美白のためであれば、他人にどのように思われてもかまわないでしょう。

 

顔を全部出すのは、恋人の前とATM の前に立ったときだけで十分です。

 

日光をできるだけ遮断することによって、お肌の色はかなり変わってきます。
特に3月〜10月の間だけでも気をつけておけば、今までさんざん黒くなってしまったお肌も、次第に色が抜けてきます。

 

ゴキブリ歩きのとき、必ず UV クリームは塗りましょう。

 

UV クリームは、夏だけではなく一年中塗る癖をつけておくとよいでしょう。

 

冬は一度塗り、4月は二度塗り、5月からは3回重ね塗りするとよいと思います。

 

3回重ね塗りするとかなり顔が白くなるので、違った意味で美白につながるかもしれませんね。

2.コラーゲンは飲むんじゃなくて浴びましょう!

ゴキブリ歩きをマスターしたら、いよいよ美白のための集中コースを始めましょう。

 

まずは、コラーゲンからスタートです。

 

「コラーゲンなら飲んでます!」

 

 

いいえ、違います。

 

 

コラーゲンを飲むのではなく、コラーゲン促進の光を浴びて、内側から肌を白くする方法をお伝えします。

 

 

コラーゲンの吸収は、飲んだりお化粧品で直接顔につけたりするだけではありません。

 

そもそもコラーゲンとはたんぱく質の一種で、何と全たんぱく質の30%はコラーゲンだといわれています。

 

コラーゲンで有名なのがゼラチンです。

 

ゼリーや、鷄を煮込んで冷やしたときにできるにこごりのように、ぷるぷるとしています。

 

コラーゲンは、肌のハリに関係してきますが、20歳を過ぎた頃から徐々に減少してしまいます。

 

そして、コラーゲンは肌のハリ以外にも、美肌や美白、シミなどにも関係してきます。

 

ところがこのコラーゲン、一説によると、飲んでも効き目がないと言われています。
コラーゲンドリンクやサプリがたくさん販売されていますが、これらが本当に効果があるのかどうかはよくわかりません。

 

そこでおすすめしたいのが、コラーゲンライトを全身に浴びる方法です。

 

コラーゲンライトは、ピンク色の蛍光灯です。

 

赤外線に近い波長のライトを照射することによって光が肌の真皮層にまで届いて、コラーゲンの生成を助けてくれます。

 

そうです。
コラーゲンライトと言っても、コラーゲン発生装置ではありません。

 

コラーゲンライトを浴びることによって肌の奥が活性化して、新しくコラーゲンが作られる力を作っていきます。

 

コラーゲンライトを2か月続けると、信じられないくらいに肌の表面がつるつるすべすべになります。

 

また、色素沈着を起こしてしまった場所も、黒い色が改善されてきます。

 

コラーゲンライトを浴びることによって、皮膚の美白だけではなく、髪にもハリやツヤが出てきます。

 

 

このコラーゲンライトを利用して、ホットヨガやピラティスを行なっているスタジオがあります。

 

ホットヨガは、室温38℃湿度60%くらいの環境でヨガを行ないます。

 

女性の間では、ヨガは一番人気があるエクササイズです。

 

コラーゲンスタジオでは、天井にコラーゲントリートメントランプを設置しています。
ランプの光は、ピンク色で、この光が肌の真皮層まで届き、コラーゲンの生成を促していきます。

 

ピンク色の環境の中では、ヨガのポーズをとること以外にも全身のリンパマッサージでデトックス効果を高めたり、フェイスラインを整えるために表情筋にアプローチするクラス、ピラティスなどあらゆるジャンルのプログラムがそろっています。

 

できるだけ多くのコラーゲンライトを浴びたいので、肌を露出させた服装で時間を過ごすとよいでしょう。

3.脚はほどほどに日焼けしてもよいのでは?

美白になると言っても、顔や腕など、人から見える部分だけが白くなれば80%は満足できると思います。

 

脚は健康そうに見えるように、多少日に焼けている程度のほうがよいともいわれています。
いくら色白でも健康的に見えなければ、もやしや白ネギが歩いているようにしか見えません。

 

脚は白いよりも、歩き方や足の組み方によって美しさを出したほうがよいと思います。
ふくらはぎに適度な筋肉をつけて、姿勢正しく歩けるようにしましょう。

 

ふくらはぎの筋肉と姿勢を整えるには、ピラティスがおすすめです。
美白とは全く関係なくなってきましたが、白くなることだけが美しいのではないということを覚えておいてください。

 

ピラティスはヨガと混同されがちですが、内容は全く違います。
ピラティスは、もともと医療機関でのリハビリからスタートしました。
体に負荷をかける筋トレ方法ではなく、主に自重を使って、負荷がかからないようにインナーマッスルを強化していきます。

 

インナーマッスルが鍛えられることによって、しなやかな筋肉が作られて姿勢が美しくなります。

 

あの米倉涼子さんも、ピラティス講師の資格まで取るくらいにピラティスにはまっているようです。

 

週に何回かはピラティスに通っているということです。
ドクター X で見せるミニスカートとピンヒールで歩く姿の美しさは、努力があってのことなのですね。

 

ピラティススタイル

ピラティススタイルでは、単なるバイトではなくトップクラスのインストラクターが200名以上在籍しています。

 

レッスンの種類もスタジオの数も、日本ではナンバーワンのレベルになります。

 

また、海外では、ピラティスというとピラティスマシンが一般的になります。

 

レディガガさんやマドンナさんも自宅にピラティスマシンを持ち、日々トレーニングをしているようです。

 

ピラティススタイルでは、すべてのスタジオにこのピラティス専用マシンを完備しています。

 

4.顔と腕の脱毛で肌色トーンアップ!

さて、それでは、常に人から見られてしまう顔や腕の美白について考えてみましょう。

 

UVクリームを塗りゴキブリのように歩くと、半年くらいで今まで日焼けした肌が元に戻ってきます。

 

それ以上白くするには、コラーゲンスタジオやらなにやら、いろいろやらなければなりませんが、まず、顔や腕を白く見せるには、ムダ毛の処理をしておいたほうがよいでしょう。

 

腕に生えている黒い毛や顔のうぶ毛は、皮膚の色をワントーン落としてしまいます。

 

腕のムダ毛をカミソリで処理してみると、肌の色が白くなることに気が付くと思います。

 

しかし、カミソリを続けていくと、肌の表面の皮膚(角質)も削ることになり、皮膚に対しては大きな負担がかかります。

 

カミソリの自己処理を続けていくと皮膚に刺激を与えるために、毛穴の周りが色素沈着を起こして黒っぽい肌になってしまいます。

 

また、せっかくカミソリで剃っても、数日たつと黒い毛が生えてきます。
しかも、新たに生えてきた毛は毛先がたいらになっているので、より太く見えてしまいます。

 

そこで、色白を目指す方は、まず顔のうぶ毛と腕の黒い毛を脱毛してしまった方がよいと思います。

 

早く色白になりたい方は、美容外科による永久脱毛をおすすめします。

 

美容外科では、脱毛が終了するのに1年から1年半で済みますが、脱毛サロンでは3年近くかかってしまいます。

 

しかもその3年の間中、自己処理を続けていかなければならないので、肌への負担は減りません。

 

美容外科による脱毛は値段が高いというイメージがありますが、1年半くらいで終了するので、結果的にはそれほど高額にはなりません。

 

脱毛エステでは、何回かのコースが終了した後でも完全に脱毛が完了するわけではないので、何度も何度も追加のコースを選択しなければならず、結果的に高額になってしまいます。

 

それでは、脱毛で有名な美容外科をお知らせします。

 

アリシアクリニック

アリシアクリニックでは、できるだけ痛みを感じさせないような機器を使い、5〜6回通えばほとんど脱毛が終了できます。
1回の脱毛時間も短いため、ひとりの患者さんにかかる時間が短縮できて、予約も取りやすくなります。

 

リゼクリニック

リゼクリニックでは、3種類の脱毛機器を使い分けて、それぞれの患者さんのそれぞれの部位に応じた脱毛方法を行なっています。
そのため、脱毛は痛いからイヤだというイメージを持っている方でも、安心して通うことができます。

 

湘南美容外科

湘南美容外科と言えば、脱毛だけではなく、あらゆる美容関係の施術で有名です。

 

今まで処置をしてきた患者さんの数も多いので、医師の経験も豊富で、安心して脱毛を受けることができます。

 

また、全国展開をしているので、どの地方に住んでいる方でも少し足を伸ばせば通うことができます。

5.美白化粧品ならポーラがダントツ!

美白になりたければ、美白用の化粧品を使うとさらに効果が上がると思います。

 

美白用の化粧品もたくさん出ていますが、できれば日本人の顔について長年研究をしている、日本のメーカーのものを選ぶとよいと思います。
美白のための研究は、長い期間と高額な費用がかかるため、有名な大手の化粧品会社のものがよいのではないでしょうか。

 

ここでは、ポーラの化粧品をご紹介します。

 

ポーラは、訪問販売としてスタートしましたが、超高級化粧品として有名でした。
現在では、訪問販売だけでなくネット販売や、百貨店の化粧品売り場で対面販売も行なっています。

 

ポーラ ホワイトショット

ポーラのホワイトショットは、発売以来多くの美容プロがお勧めの美容液です。

 

シミの元になるメラニンを作らせないメラニンロック処方や、甘いものや炭水化物の食べ過ぎによって肌が黄色くくすむ、糖化を防ぎます

6.ビタミンC点滴で美白効果を100倍に!

美白の仕上げには、高濃度ビタミン C の点滴が抜群です。

 

高濃度のビタミンC点滴は、美容上だけではなく、がんにも効果があります。

 

こちらは医療サイトではないので、がんとビタミン C 点滴の関係については、医療専門のサイトを参考にしてください。

 

医療関係ではなく、美容関係で高濃度のビタミン C を点滴することによって、肌がツヤを持ち同時にハリが出て、美白効果やシミ消しの効果まであるようです。

 

一度にレモン2,000個分のビタミン C を血管から注入していくため、続けていくと日焼けしない肌になり、うっかり日焼けをしても回復力がはやいそうです。

 

また、抗酸化作用が強力なので、アンチエイジング効果も期待でき、シワも消えていくようです。

 

ビタミン C の点滴用製剤はもともと高価なので、費用が安いクリニックでは受診しないほうがよいようです。

 

 

湘南美容外科

またしても湘南美容外科が出てきましたが、湘南美容外科では、美容点滴が何種類かあります。

 

その中でも、高濃度ビタミン C 点滴は、通常のビタミン C の血中濃度を40倍くらいまで上げていくようです。

 

そのため、美白だけではなく風邪をひきやすい方やタバコをたくさん吸う方、免疫力が低下している方、ニキビや肌荒れに悩む方、歯周病の心配する方などに効果を発揮するようです。

7.まとめ

良い美白方法はみつかりましたか?

 

美白になりたくても、UV クリームを塗りトマトを食べて、夜しっかり寝るだけでは希望をかなえることはできません。

 

まず、誰でもできるゴキブリ歩きからスタートして、自分ができそうな項目を選んでやっていきましょう。

 

また、体が引き締まって美しい姿勢であれば、美白でなくても振り返られるほどの美しさでいることができます。

 

モデルさんが全員美白かというと、そうでもありません。
肌自体はきれいですが、真っ白い肌をしているモデルさんは、それほど多くはありません。

 

このことについては、この次にお話をすることにしましょう。