美しい手になる方法

ここでは、美しい手になる方法をご紹介します。

 

キメテ薬用公式ページ画像


※キメテ薬用ホワイトニングナイトクリーム公式サイトより引用

 

手には年齢が出ます。

 

あの人きれい!
何歳ぐらいなんだろう。

 

そう思って手をみると、
意外にも手にくすみやシワが多かった。
ああ・・・・・・。
残念。

 

見た目は若く見えるけど。
実際はかなりおばさんなんだ。

 

そんなふうに思った経験はないですか。

 

美しい手とは、くすみのない明るく透き通るような白い手です。
あなたの手、以下のような悩みはありませんか?

・明るさや透明感がなく、くすんでみえる
・シミやシワで年老いてみえる
・乾燥でひび割れがある
・ハリや潤いのないカサカサ

当てはまることがありましたか。

 

ならば、もったいないです!
手は、思っている以上に人に見られている部分。
このページでは、手の悩みがある方に役立つ最新情報を集めてみました。

 

美しい手になるために、早速まいりましょう。

もくじ

1.色白・美白のための超お勧め品はこれ!
2.美しい手になる方法その1 紫外線対策は日焼け止めクリームだけではダメ!
3.美しい手になる方法その2 寝ている間は大きなチャンス
4.美しい手になる方法その3 ハンドマッサージ
5.美しい手になる方法その4 思い切って顔用の化粧品を使ってみる
6.美しい手になる方法その5 急いでいるときはやっぱり美容外科!
7.美しい手になる方法その6 美しい仕草によって美しい手を表現する
8.美しい手になる方法その7 シワ対策も忘れずに
9.冬の大敵 指先パックリ
10.マニキュアは要注意
11.まとめ

 

1.色白・美白のための超お勧め品はこれ!

キメテ薬用ホワイトニングナイトクリーム



 

ハンドクリームで美しい手になるならコチラ!

色白・美白効果 ★★★★★
敏感肌対応 ★★★★★
紫外線対策 ★★★★☆
コスパ ★★★☆☆

*送料無料
*全額返金保証付き
*初回限定のおまけは ハンドグローブ!

キメテ薬用クリームは、夜専用美白ハンドクリームです。
ドラッグストアのハンドクリームにはない医薬部外品専用成分を配合しており、手のシミやくすみ、ひび割れやあかぎれのない、なめらかな指先に導きます。
特に40代以降の、手の悩みをお持ちの方に最適です。

 

→ 公式サイトでキャンペーン情報をみる

 

 

ホワイピュア

 

飲む医薬品で美しい手になるならコチラ!

色白・美白効果 ★★★★★
紫外線対策 ★★★★☆
コスパ ★★★☆☆

*送料は無料
*初回限定のおまけは ホワイピュア薬用美白クリーム!

ホワイピュアは、飲む美白対策です。
厚生労働省より承認されている医薬部外品です。
そのため、サプリよりも効果が期待できます。
しみ、そばかす、日やけ、かぶれによる色素沈着などには、試してみる価値はあるでしょう。

 

→ 公式サイトでキャンペーン情報をみる

 

 

メイミーホワイト60

メイミーホワイト

 

クリームパックでで美しい手になるならコチラ!

色白・美白効果 ★★★★★
コスパ ★★★★★
即効性 ★★★★★

*全額返金保証付き

メイミーホワイト60は、クリームパックです。
使って60秒後に洗い流すだけで、白いお肌になるという速攻タイプのものです。
即効タイプなので、明日大きな商談が控えていたり、大事なデートがある時にも、おすすめです。

 

→ 公式サイトでキャンペーン情報をみる

 

 

2.美しい手になる方法その1 紫外線対策は日焼け止めクリームだけではダメ!

手の甲や指に日焼け止めクリームを塗っていますか?

 

でも、美しい手になるためには、日焼け止めクリームだけで安心してはいけません。

 

日中の、ほんの少しのこころがけも大切です。

 

それではまず、手に日焼け止めクリームでさえ塗らない方への警鐘から進めていきましょう。

 

顔の紫外線対策はバッチリでも、意外と手の日焼けは気にしない方が多いようです。

 

真夏でも、日焼け止めクリームは手首から上の腕の部分には塗っても、手の甲は塗らないのではないでしょうか。

 

手の甲の紫外線対策をしないまま自転車や車に乗ると、あっという間にこんがりと焼けて、シミだらけになってしまいます。

 

自転車や車に乗らないとしても、ただ日中道を歩くだけで、手の甲は強い紫外線を受けています。

 

そこで、顔と同じように、手の甲にも必ず日焼け止めクリームを塗る習慣をつけましょう。

 

顔用の日焼け止めクリームは値段が高いものが多いので、手の甲にはドラッグストアで売っている安いものでも十分です。

 

ただし、手に使う日焼け止めクリームは常に持ち歩いて、手を洗う度に塗り直す習慣をつけましょう。

 

日焼け止めクリームには、紫外線散乱タイプと紫外線吸収タイプがあります。

 

紫外線の吸収タイプは、肌表面で酸化をするため、肌に負担をかけてしまいます。

 

そのため、手を白くするだけでなく、美しい肌になることも求めている方は、紫外線散乱タイプの日焼け止めを使ったほうがよいかもしれません。

 

また、SPFの数値が高いと、肌荒れの原因になることもあります。

 

普段街を歩く程度であれば、SPFは30以下でも十分対応することができます。

 

日焼け止めクリームを使うタイミングは、顔のお手入れと同じように考えるとよいでしょう。

 

顔は洗顔をした後、化粧水やクリームでスキンケアを行なった後に日焼け止めクリームを使います。

 

顔と同じように、手もハンドクリームで水分や油分を十分補った後、日焼け止めクリームを手の甲や指につけましょう。

 

 

さて、ここからが重要です。

 

手に日焼け止めクリームを塗ることは、もう常識だと考えるようにしましょう。

 

その上で、他の方の手よりも白く、そして美しくしたいのであれば、外を歩くときに、手のためにほんのちょっとの心遣いをしてあげましょう。

 

日中外を歩く時には、日が当たる方の手をできるだけ何かで隠すようにしましょう。

 

ストールの間に手をはさみ込んだり、ポケットに手を入れたりするだけで全然違います。

 

手のひらを日が当たる方に向けるだけでもいいのです。

 

できるだけ陽の光から手を守りましょう。

3.美しい手になる方法その2 寝ている間は大きなチャンス

美しい手や白い手にはあこがれますが、これは、1週間や2週間で手に入れることはなかなかできません。

 

ただし、寝ている時間は美白の手になるチャンスです。

 

だって、寝ている時間だけは手を使うことがないのですから。

 

そこで、夜は手全体にたっぷりとクリームをつけて、白い綿の手袋(100円ショップのものでも十分)をしてから眠りましょう。

 

夜中に無意識のうちに手袋をとってしまっても構いません。

 

たった1時間でも、手全体をたっぷりのクリームで保護してあげることによって、保湿効果は上がります。

 

手も、顔と同じように美白効果を期待するのであれば、ビタミン C 誘導体が含まれているハンドクリームがおすすめです。

4.美しい手になる方法その3 ハンドマッサージ

なにかの瞬間、あれ?指が折り曲げにくいと思うことがあると思います。

 

これは、指がむくんで折り曲げにくくなっている状態です。

 

むくみは、体の中の余分な水分や老廃物が血管やリンパ管に戻ることができず、細胞の間で渋滞を起こしている状態です。

 

そこで、むくみを解消するには手を温めて血液の流れを良くしてあげることが重要です。

 

指は心臓から遠いため、なかなか毛細血管にまで血液が流れていきません。

 

そのため、真夏でも指先だけは冷たいとういう方も多いのではないでしょうか。

 

指先が冷えているときは、自然に手のひらにはーっと息をかけたり、手をこすり合わせたりします。

 

手をこすり合わせる時に、ついでに正しいハンドマッサージを行なうと、より血の巡りがよくなります。

 

ハンドマッサージで使うクリームは、顔の時ほど神経質になる必要はありません。

 

いつも使っているハンドクリームを多めにとって、ゆっくりとマッサージを行なえば十分です。

 

このとき、ついでに手を白くしたいと思う方は、ビタミン C 誘導体や尿素20パーセント入りなどの、保湿成分が含まれたクリームを使うとよいでしょう。

 

時間がない方は、ハンドクリームを指先から手首にかけてたっぷりと塗り込んで、両手をもむだけでも血行がよくなってきます。

 

少し時間に余裕がある時には、爪の根元を押して、次に指の両側のつま先から根元にかけて、2本の指で押して行きます。

 

それから、親指のつけ根をゆっくりともみほぐして、手のひらの真ん中も押してあげます。

 

手の甲は、反対側の手をグーにして、指先から腕の方向へゆっくりと、指の第2関節あたりを使ってマッサージをします。

 

全く時間がないときには、グーパーを繰り返すだけでも手が温まり、血行がよくなります。

 

事務仕事やパソコンに向かう時間が長い方は、ぜひグーパーを行ないましょう。

5.美しい手になる方法その4 思い切って顔用の化粧品を使ってみる

手は、首と同じく年齢が出やすい場所になります。

 

それなのに、顔ほど注意が向けられることはありません。

 

でも、まる1日全く手を使わなかったとういう日は、絶対にないと思います。

 

毎日酷使し続けている手をよく見ると、指先はカサカサで逆さむけができています。

 

指の節の部分はシワがよって、手の甲にはシミも浮いています。

 

このようになってしまった手を白く美しくするには、顔と同じ化粧品を使うのがベストだと思います。

 

ハンドクリームを顔に塗る方はいると思いますが、顔に使う化粧品は値段が高いので、首には使ってもなかなか手まで使おうという気にはなれません。

 

でも、どこの化粧品会社でも、顔用の化粧品に対しは、命がけの開発を続けているので、品質は最高だと思います。

 

そこで、思い切って数か月だけ、顔用の乳液や美容クリームを手の甲だけにでも使ってみてはいかがでしょうか。

 

手の甲に顔用の美白クリームを薄くのばして、その上からたっぷりとハンドクリームを使えば、顔用のクリームは、それほどたくさん使わなくてもすむでしょう。

6.美しい手になる方法その5 急いでいるときはやっぱり美容外科!

何とかして、大急ぎで手を白くして美しくするには、美容外科が一番です。

 

美容外科には、フォトフェイシャルがあります。

 

肌全体に、特殊なレーザー光線を何度か当てることによってシミを浮き上がらせるので、数日後にはシミがかさぶた状になり、ポロポロとはがれてきます。

 

1回の施術ではシミが薄くなるだけですが、毎月1回行なって、5回ほど繰り返すと、かなりシミが目立たなくなるだけでなく、手全体が白くなります。

 

病院によっては、ピーリングやパックも行なってくれるので、生活感のない、すべすべでうるおいある手になることができます。

7.美しい手になる方法その6 美しい仕草によって美しい手を表現する

スーパーに行って商品をレジ用のかごやマイバッグに移す時、商品をわしづかみにしてポイポイとバッグに放り込んではいませんか?

 

ご飯茶碗を持つときに、指先をそろえてお茶碗を持っていますか?

 

お茶を飲むときに、お湯飲み茶わんを両手で持って飲んでいますか?

 

物を受け取るときや手渡すときに、きちんと両手を添えていますか?

 

どんなに美しい手になっても色白の手になっても、仕草が美しくなければ台無しです。

 

その反対に、多少色が黒い手でもシワだらけの手でも、女性らしいしなやかな動きをする手であれば欠点は隠れます。

 

何事においても、手を使う時には「ひらひら」と優雅に動かすと、何とも言えない清潔感のある色香が漂います。

 

手の動きは、意識を集中して行なえば、習慣化することができます。

 

せめて、食事の時はお茶碗を美しく持ち、お箸を優雅に使う訓練をしてみましょう。

 

美しいしぐさは、ダイエット以上の美的効果があると思います。

8.美しい手になる方法その7 シワ対策も忘れずに

手は、体中で一番酷使される場所ではないでしょうか。

 

それなのに、カサカサになるまで放置される場所でもあります。

 

そのため、手の衰えは早いようで、シワができやすくて、年齢が一番現われやすい場所であると言われています。

 

手は、なにもしなくても、皮膚が薄いために乾燥しやすくなります。

 

その上、紫外線を浴び、1日何回も手を洗い、家事でひんぱんに手を濡らします。

 

濡れた手をそのままにしておくと、水分が蒸発するときに、手の中の水分まで一緒に蒸発してしまいます。

 

肌の中の水分が蒸発すると、角質層のうるおいがなくなるため、角質が小さくなってしまいます。

 

すると、肌の表面の皮が余ってしまい、それがシワとなってしまいます。

 

そのため、手を乾燥から防いでシワを作らないようにするには、どれだけていねいに手についた水分を拭い取るかにかかっています。

 

トイレにあるジェットタオル(ハンドドライヤー)は、ハンカチを濡らすよりも清潔だと思われていますが、最近では、ハンドドライヤーこそが細菌をまき散らす元凶となっていることがわかったようです。

 

しかも、ジェットタオルを使うときは、半乾きのまま終了してしまう方がほとんどなのだそうです。

 

本来、手を完全に乾かすには、1分近くジェットタオルを使わなければならないようです。

 

でも、私たちは10秒くらいでジェットタオルから離れています。

 

手を完全に乾かさないと乾燥が進み、さらに湿った環境によって、手に細菌が繁殖しやすくなります。

 

そこで、トイレに行く時にはジェットタオルやハンカチではなく、ペーパータオルを使い、そのつど捨てる方法が一番よいようです。

 

出かける時にはペーパータオル(100円ショップで売っているキッチンペーパーで十分です)を何枚か持ち歩くとよいでしょう。

 

とにかく、手のシワ対策は、濡れた手をしっかり乾かすことと、保湿にこころがけることが最重要になります。

9.冬の大敵 指先パックリ

冬になると、どうしてもお皿を洗うときにお湯を使ってしまいます。

 

そのおかげで、お皿の油だけでなく、手の脂まで洗い流すことになり、指先はいつもカサカサになってしまいます。

 

わかってはいるけれど、ゴムの手袋を使うとお皿が洗いにくくなり、落として割ってしまうこともあります。

 

そして、ついには指先がパックリと割れて、痛い思いが数日続くことになってしまいます。

 

指先パックリを予防するには、保湿効果のすぐれたハンドクリームをひんぱんに使わなければなりません。

 

しかし、ハンドクリームによっては油分が多いものもあるので、指先がベトベトしてしまい、日中は敬遠しがちになってしまいます。

 

そこで、指先パックリで困った時には、オールインワンジェルを使うとよいでしょう。

 

オールインワンジェルは、べとつかずに肌の保湿をしてくれるので、いくつか購入して、会社やリビングや洗面所、寝室などに置いておくとよいでしょう。

 

そして、ジェルが目についた時にしっかり塗り込んでおくと、指先だけでなく、手全体が常にうるおいを持つため、美しい手になる方法としては最適だと思います。

 

オールインワンジェルは、顔専用のものが多いのですが、その中でも、1本で化粧水・美容液・乳液・クリーム・パックなどの多くの機能を持つ、色白・美白用ジェルがよいでしょう。

 

そして、オールインワンジェルの中でもそれほど高価でないものを選べば、顔と一緒に手にも惜しみなく塗ることができて、高い保湿効果を期待することができそうです。

10.マニキュアは要注意

爪にマニキュアを塗ると、たちまち指先が華やかになります。

 

華やかになるということは、指先が目立つということにもつながります。

 

自分でマニキュアを塗るときに、はみ出したり塗りムラが出ていると、塗っていないほうがはるかにマシになくらい、汚らしい印象になってしまいます。

 

また、出かける場所によっては、ふさわしくない色もあります。

 

どんなに白くて美しい手でも、マニキュアだけが浮いている状態では、全身が下品に見られてしまいます。

 

マニキュアは、凝っていればおしゃれなわけはありません。

 

本来は、出かける場所や時間帯に合わせてマニキュアも着せ替えるくらいでなければ、美しい手の表現はできません。

 

新しい色にチャレンジしたい気持ちはわかりますが、どこの場所にも溶け込むことができる色を選んで、マニキュアがハゲたりツヤがなくなる前に塗り直すようにこころがけましょう。

11.まとめ

今まで手に注目をせず、対策をほとんど行なってこなかった方でも、大丈夫!

 

今から保湿やシワ、美白対策を行なえば、1か月で見違えるほど美しい手になるでしょう。

 

手を美しく透明感ある肌に仕上げて、若々しい手になることは、あなたの自信にもつながります。
では、さっそく対策を始めてみましょう!

↓ハンドクリームで美しい手になるならコチラ!

 

↓飲む医薬品で美しい手になるならコチラ!

 

↓クリームパックでで美しい手になるならコチラ!
メイミーホワイト