透き通るような肌になる方法

ときどき、透き通るような肌の方を見かけることがあります。

 

向こう側の風景が透けて見えるくらいに白く透き通るような肌は、女性全員のあこがれです。

 

透き通るような肌というのは、ただ白いだけでなく、肌のキメが細かくシミやくすみがなく、肌表面のデコボコがありません。

 

透き通るまでにはならないかもしれませんが、ある程度の努力をすれば、年齢よりも若々しい肌でいられる可能性はあります。

 

このページの目次

1.透き通るような肌とはどんな肌でしょう
2.生活習慣に気をつける
3.シワはある程度許してあげる
4.たるみには気をつける
5.ニキビはできたら治す
6.朝の洗顔はするかしないか
7.とにかく保湿に心がける
8.基礎化粧品はほどほどの値段のものに取り換える
9.ビタミン C は救世主になる
10.メイクはほどほどにする
11.まとめ

1.透き通るような肌とはどんな肌でしょう

透き通るような肌とは、まず肌そのものがきめ細かくて、美しい状態です。

 

ニキビなどでできてしまった、ボコボコとした凹凸がなく、つるっとしていてほほにはつやがあります。

 

また、くすみやニキビなどはなく、乾燥してお肌がパサパサになるようなこともありません。
目の下にクマを作るなどは、もってのほかです。

 

それでは、透き通るくらいの肌になるためにはどうすればよいのでしょうか。

2.生活習慣に気をつける

疲れて家に帰ってきて、顔も洗わずに寝てしまうことはありませんか。

 

メイクは、必ず落としてから寝ましょう。

 

朝からのメイクを次の日の朝までそのままにしておくのは、肌にとっては最も悪い状態になります。

 

仕事であれば夜遅い帰りになっても仕方がありませんが、仕事でなければ、家に帰って顔を洗うくらいの余力を残して遊ぶようにしましょう。

 

飲みすぎれば顔の下にクマもできてしまい、透き通るどころかくすんだお肌になってしまいます。

 

疲れて顔を洗わずに寝てしまう習慣ができてしまっている方は、オイルクレンジングが一番楽かもしれません。

 

家に帰り、洋服を脱いだらすぐに、オイルクレンジングでくるくると顔をなでつけ、お水でちょっと洗えばメイクは落とせます。
そのあとで、面倒な時にはオールインワンゲルを塗っておけば十分です。
その後は、そのまま寝てしまっても大丈夫です。

 

最低限のことをしておけば、次の日の朝には肌の状態は整っています。

 

自分はメイク落としが面倒なタイプであると感じていれば、それなりの対策をすればよいのです。
きっちりていねいにクレンジングをして、パックやマッサージまでをセットにして毎日続けると、イヤになって続かなくなるので、とりあえず最低限のことができるように工夫をしておきましょう。

3.シワはある程度許してあげる

透き通った美しい肌にシワはないかというと、そのようなことはないと思います。

 

私たちは、年齢を重ねれば必ずシワができてきます。
必ずできてしまうものに対して逆らい続けるのは、自然ではありません。
美しい方は、笑った時にシワができていても美しさには変わりはありません。

 

ほどほどの年齢でシワができ始めても余りがっかりはしないで、できる限りのシワ対策をするとよいでしょう。
シワはないけれどでこぼこの肌よりも、シワがあっても卵のようにすべすべの肌の方のほうが美しく見えるものです。

 

シワを消すために、美容外科で高額な治療を続ける方もいますが、同じお金をかけるのであれば、素肌がきれいになるようなピーリングやシミ消しのほうがよいと思います。

 

透き通るような肌で一番重要なことは、とにかく肌が美しいということです。

 

できてしまったシワは余り気にしないで、肌を衰えさせないための対策をするとよいかもしれません。

4.たるみには気をつける

顔のシワは必要以上に気にすることはありませんが、顔のたるみは、老けた感じや元気がない感じがしてしまうので注意をしましょう。

 

芸能界でも、女優さんや男優さんの顔を見ると、50代以上の方で口元がたるんでいる方はいません。
皆さん、たるみ防止のためにいろいろやっているのだと思います。

 

しかし、私たちが必要以上にたるみに気を使いすぎると、不自然な顔つきになってしまいます。
顔のたるみもしわと同じように、ある程度は受け入れなければなりませんが、お化粧品やマッサージ方法でたるみを防止することができれば、それはがんばってやってみるとよいでしょう。

 

顔のたるみ防止には、表情筋を鍛えたり、頭をマッサージすることがよいと言われています。

 

まずは、年齢と共に固くなってしまった筋肉をほぐすことから始めましょう。

 

ほほの出っ張った骨の下に親指を入れて、鼻のほうから耳の方角に向けて揉みほぐすと、必ず痛いところがあります。
痛みを感じる部分は、かなり筋肉が凝っているということになります。
凝った筋肉をストレッチすると、表情筋が豊かになり、下に落ちている顔全体が上に持ち上がっていきます。

 

ほほのマッサージの次は、耳の上周辺の筋肉(側頭筋)をやわらかくほぐしましょう。
指に力を入れて、しっかりと筋肉をもみほぐしていきます。

 

ヘッドスパはとても気持ちがよいのですが、頭の皮膚をやわらかくするマッサージです。
頭の筋肉のストレッチは、もう少し強い力で頭の骨をグイグイ押していく感覚でストレッチを行なっていきます。

 

頭の筋肉のストレッチを行なうと、頭全体が痒くなってきます。
痒くなってくるということは、血行がよくなってきた証拠になります。

 

頭の血行がよくなると顔の血行もよくなり、顔の皮膚に十分な血液が行き届くので、ピンク色の肌に生まれ変わります。

5.ニキビはできたら治す

ニキビは、顔に凹凸を作る原因となってしまいます。

 

ニキビができることは仕方がないことですが、できたらすぐに治すように心がけましょう。

 

ニキビができやすい間は、とんかつやから揚げなど、脂っこいものを控えるようにしましょう。
甘いお菓子は、糖分によってニキビの原因となってしまいます。

 

糖分というのは、美白でもダイエットでも敵になります。

 

主食で食べる糖分(ブドウ糖)は体にとって必要不可欠な栄養素なので、食べる量を控え過ぎると体に悪影響が及ぼされます。

 

そこで、ご飯は食べても、お菓子で使われる甘い糖分はできるだけ食べないようにする習慣を身につけましょう。

 

お菓子をがまんするだけで、「美」に関する悩みはずいぶん減ると思います。

 

また、腸内環境が悪いと、ニキビができやすくなります。

 

便秘が続くと、ニキビが増えることはありませんか。

 

便秘が続くと、腸の中には毒素がたまります。
たまった毒素は、腸の血管を通して全身に運ばれ、肌のトラブルを起こしてしまいます。

 

そのため、乳酸菌などで腸の中の善玉菌を増やして、腸内環境を整えることが大切です。

 

腸内環境が整うと、血液もサラサラできれいになります。

 

顔の皮膚は薄いため、血管が皮膚のすぐ真下に透けて見えることがあります。
この血管にサラサラの血液が流れれば、酸素や栄養分をたくさん運んでくれるので、顔の肌の状態は最高になるでしょう。

 

また、ニキビはできてしまったら早めに治しましょう。

 

ニキビ用の化粧品や薬品、皮膚科などで治療を受けて、顔にニキビ跡のボコボコができないように気をつけましょう。

6.朝の洗顔はするかしないか

皆さんは、1日に何回顔を洗うでしょうか。

 

朝起きたときと、夜寝る前(お風呂に入る時)の2回は洗顔をしていると思います。

 

ところが、洗顔は夜1回だけでよいようです。

 

夜しっかりと顔を洗って朝起きても、それほど顔は汚れていません。
汚れていない顔を、またしっかりと泡立てた洗顔料で洗ってしまうと、顔にある必要な菌まで洗い流してしまうことになります。

 

また、必要以上に皮脂を取り去ると、顔の皮膚が驚いて、今まで以上に皮脂を分泌してしまいます。

 

ここで、少し話はそれますが、不思議な現象についてお話ししましょう。

 

お風呂で毎日せっせと体を洗っているにもかかわらず、アカが溜まることはないでしょうか。

 

体を指でゴシゴシこすってみると、真っ黒くはないにしても、白っぽいアカがたくさん出てくることがあります。
これは、体をスポンジやボディタオルで洗いすぎているからなのだそうです。

 

体は石けんを泡立てて、軽く皮膚の上をなでるだけで汚れが落ちていくので、毎日ゴシゴシする必要はありません。

 

顔も体と同じです。

 

毎回たっぷりの泡で洗顔をしたり、フェイスブラシを使ったりなどと余計なことをすると、何もしなかった時よりも顔がくすんでしまいます。

 

朝は、ぬるま湯で顔を洗い、洗い終わったらタオルでゴシゴシと拭かず、タオルを顔に押し当てて水分を吸収させましょう。

 

そして夜は、落としたメイクの残りや1日の皮脂をしっかりと洗い流しましょう。

7.とにかく保湿に心がける

皮膚を透き通るほど美しく保つためには、紫外線防止を完璧に行なって、保湿を重点的に行ないましょう。

 

年齢が上がってくると、皮膚の保湿の効果が落ちてきます。
カサカサになった肌では、透き通った美しさを保つことはできません。

 

とにかく、保湿のためには、お化粧水を重点的に使うようにしましょう。

 

洗顔が終わったら、早めにお化粧水をつけ、少し乾いたら、もう一度塗り直します。

 

お化粧水を洗面器に一杯入れて、その中に顔を入れたいくらいですが、毎日そんなにたくさんのお化粧水を使うことはできないので、せめて何回か顔に塗りましょう。
時間があれば、コットンに十分お化粧水を含ませて、顔に乗せパックをしておくとよいでしょう。

 

朝お化粧をして、お昼休みにお化粧直しをすると思いますが、できればただ単にファンデーションや口紅を塗り重ねるのではなく、クレンジングからすべてやり直すと、その時点で保湿ができます。

 

クレンジングはクリームタイプではなくクレンジングオイルを使い、軽く顔を洗って、たっぷりのお化粧水でパッティングをすると、お昼にも肌に対しての十分な保湿ができます。

8.基礎化粧品はほどほどの値段のものに取り換える

基礎化粧品は、保湿の意味でもたっぷりと使いたいものです。

 

10,000円もする高価な化粧水や乳液を使っていても、もったいないからといって少ししか使わなければ、あまり効果を期待することはできません。

 

それよりも、5,000円や3,000円までレベルを落として、今までの2倍から3倍の量や頻度で使っていった方が、よっぽどお肌に対して化粧品の効果が発揮されます。

 

どの化粧品でも、パール1個分や500円玉相当の大きさなどと、使う量が表示されています。

 

表示されている分量を使うことによってその化粧品の効果が上がることになるので、少量でもつければよいというわけではありません。

 

ぜひ、今まで使っている化粧品からレベルをワンランク落として、もったいないとは思わず、湯水のようにどんどん使ってみましょう。

 

9.ビタミン C は救世主になる

ビタミン C は、あらゆる意味で体の救世主になります。

 

体が健康な時には、1日の必要量を摂取していればよいのですが、風邪をひいたりもっと重篤な病気になったときには、ビタミン C が威力を発揮してくれます。

 

もちろん、お肌もビタミン C によって助けられることはたくさんあります。

 

ビタミンC には、余分な皮脂の分泌を抑える働きがあるので、ニキビや吹き出物が改善されていきます。

 

また、ビタミン Cはメラニンの生成を抑える働きがあるので、シミやくすみの対策にもなります。

 

そのため、ビタミン C を摂取するということは、透き通る肌に近づくことになります。

 

さらにその上、ビタミン C は強い抗酸化作用を発揮するため、余分な活性酸素を除去する働きがあります。
余分な活性酸素は、自分自身の細胞を攻撃する働きがあります。
自分自身の細胞を攻撃すると、シミやシワ、たるみなどのエイジング現象が出てきます。

 

ビタミン C を効果的に使うとエイジングケアもできるので、お肌にとっては救世主になります。

 

ビタミン C を普通の食事以上に摂取したい方は、サプリメントを飲むか、ビタミン C が含まれた化粧品を使うことになります。

 

ビタミン C のサプリメントには、合成で作られた物とハイビスカスなどの自然の食料品から作られたものがあります。
同じビタミン C ですが、長い期間飲むのであれば、できれば食料品から作られたもの(食品由来)のほうがよいかもしれません。

 

ビタミン C が含まれたお化粧品を使うとき、肌が乾燥している方は少し注意をしましょう。

 

ビタミン C の効果の中に、余分な皮脂を抑えるというものがあります。
そのため、乾燥肌の方が使ってしまうと、さらに皮脂が抑えられてしまうため、乾燥の度合いが進んでしまいます。
肌が乾燥している方は保湿を心がけて、乾燥が改善されたら、ビタミン C の基礎化粧品を使うとよいでしょう。

 

10.メイクはほどほどにする

透きとおるような肌の持ち主の方は、まるでお化粧をしていないような感じがします。

 

色が白くてキメも細かい肌であれば、必要以上にファンデーションを塗り込む必要はないでしょう。

 

透きとおるような肌に見せるには、できるだけ自然なお化粧を心がけるとよいようです。

 

自然なお化粧というと、ナチュラルメイクと薄化粧がありますが、ナチュラルメイクというのは、自然な感じに見せるように一生懸命メイクをしている状態で、薄化粧というのは本当にほんのりとファンデーションを乗せているお化粧方法になります。

 

お化粧は、しっかり塗り込めば塗り込むほど細かいシワが浮き出てしまいます。
また、残念ながら、パーフェクトに仕上げた顔は、それほど美しさを感じることはありません。

 

透きとおるような肌になるためにいろいろ対策を行なうと、肌がだんだん白くきれいになっていきます。

 

肌の状態がよくなってきたら、少しずつファンデーションを薄塗りするようにしましょう。

 

自然なお化粧は、誰からも好感を持たれます。

 

また、お化粧を落としてスッピンになったときとの落差が激しいのも、悲しいものです。

 

11.まとめ

透き通る肌になるためにできることは、それほど難しくはありません。
また、お金もかかるわけではありません。

 

大切なことは、自分のお肌に毎日向き合うことでしょう。
毎日向き合って、肌の状態を確かめながらマッサージを行ない、寝る前には必ずお化粧を落とす、これだけで肌の状態は劇的に改善されます。

 

すぐにできることがたくさんあるので、さっそくできそうなことをすべて始めてみましょう。