ポーラホワイティシモ 口コミ

ポーラホワイティシモってどう?買うべき価値はある?

ポーラは、近年、訪問販売だけでなく対面販売も取り入れて、若い年代層へ向けた美白化粧品にも力を入れているようですね。

 

実際、ホワイティシモの美白効果シリーズは、若い方たちにも手が届くということで人気があるようです。

 

しかし、ポーラホワイティシモ、本当に効果があるのでしょうか?

 

↓ホワイティシモ【公式】サイトはこちら!
ホワイティシモUV ブロック シールドホワイト

 

いろいろなメーカーから美白化粧品が売り出されている中、ポーラホワイティシモを選ぶ価値はあるのでしょうか?

 

そのような疑問から、ポーラホワイティシモが、買うべき価値のある美白化粧品なのかを調査してみました。

もくじ

1.ポーラホワイティシモを使った方の口コミ・評判
2.ポーラホワイティシモのコンセプト
3.ポーラホワイティシモのラインナップ
3.1 ホワイティシモ薬用クレンジング クリア
3.2 ホワイティシモ薬用ウォッシュクリア
3.3ホワイティシモ薬用フォームディープクリア
3.4ホワイティシモ薬用ローションホワイト
3.5 ホワイティシモ薬用ミルクホワイト
3.6 ホワイティシモ薬用UVミルキィ ホワイト
3.7 ホワイティシモ薬用クリームホワイト
4.ポーラホワイティシモの使い方
5.ポーラホワイティシモにトライアルセットはある?
6.ポーラホワイトショットシリーズとは
7.ポーラのトライアルセット
8.ポーラホワイティシモをどこで買おうかしら?
9.ポーラホワイティシモとアスタリフトホワイトの美白シリーズの比較
10.ポーラとは
11.まとめ

 

1.ポーラホワイティシモを使った方の口コミ・評判

口コミ評価○ 30代女性
祖母の話によると、まだ海外のブランドが日本になかった頃、ポーラの化粧品は日本一高級だったそうです。
しかも、ポーラは対面販売がなかったので、どんな化粧品が売られているのかも全然わからなかったということです。
そのような話を聞かされていた私は、数年前からすべての化粧品をポーラに変えました。
あまり値段が高いものだと使い続けることができないので、ホワイティシモのシリーズを使っています。
まず驚いたのが、洗顔料の泡がマシュマロのようにふかふかだったことです。
ふかふかな泡に包まれた後で基礎化粧品を使うと吸収率がよく、化粧水は何度もつけ直したくなります。
今から美白シリーズを使っていれば、
40代、50代になっても肌の衰えにブレーキをかけることができると思っています。

口コミ評価○ 50代女性
ポーラの製品は40代の頃から使い始めましたが、ここへ来て、更年期の影響で肌の衰えが目立ってきたので、美容外科で短期間で肌の工事をしてきました。
そのため、それほど高額なシリーズを使う必要がなくなって、ホワイティシモで簡単に工事後のお手入れをしています。
せっかく美容外科で白くきれいになったので、その状態をキープさせるのにホワイティシモがちょうどいいと思います。

口コミ評価× 20代女性
もともと色黒なので、これから先これ以上色が黒くなったら困ると思って、ホワイティシモを使い始めました。
ところが、今以上に白くなることはなく、しかも値段が高いので、使い続けることが不可能になってしまいました。
色白になるにはお金をかけなければダメなのかなと、ちょっとがっかりしています。

口コミ評価○ 20代女性
はじめの頃は、母が使っていたホワイティシモをときどき使っていました。
使っていると、洗顔フォームの泡やクリームののびなどがたまらなく気持ちよいので、クレンジングからクリームまでそろえてメイク用品もそろえてしまいました。
どれも私にとってはちょっと値段が高いので、母に助けてもらっています。
ポーラは、一度使うと他の化粧品を使うことができないくらい気持ちがいいと思います。

口コミ評価○ 40代女性
ほほのシミが、見て見ぬふりができないくらいに増えてしまいました。
急いで美白化粧品を使わなければと思い立って、真っ先に頭に思い浮かんだのがポーラでした。
ポーラなら、どの製品を使っても効果があると勝手に思い込んで、ほどほどの値段のホワイティシモを選びました。
化粧品を使ってすぐには効果が現われないことはわかっていたので、浮気をすることなく、使い終われば同じものを買い続けていました。
半年ほど使っているとシミが薄くなり、顔全体も明るくなってきたような気がしてきました。
これならば、もう少しがんばって使い続ければ、シミが目立たなくなるのではないかと思っています。

 

→ もっとホワイティシモの口コミをみたい

 

2.ポーラホワイティシモのコンセプトをご存知ですか?

美しい海宮古島

 

ただ肌が白いだけでなく、透明感までをも感じることができる。

 

そのような肌になるために、ホワイティシモは、透明感のキーポイントとなる角層の透明度について研究を重ねてきたようです。

 

そして、角層細胞の形がそろっていて、しかもきちんと並んでいる肌は、光を均等に反射するために高い透明感を放つことがわかったといいます。
その角層細胞を整えるためには、2種類のケアが必要であるとしています。

 

「ながす」ケア

ながすと言っても、ただ単に肌の表面上の汚れを流すだけではなく、紫外線のダメージを受けた古い角層細胞を流して、なめらかに整えていきます。

 

紫外線によってダメージを受けた角層細胞は、茶色く変化してしまいます。
茶色くなった角層細胞からは活性酸素が発生して、不要な角層をはがれにくくしてしまいます。
そのため、肌のくすみやゴワつきの原因になっていきます。

 

古い角層細胞をすっきりと流して、肌に残さないことが大切になります。

「みたす」ケア

みずみずしく透明感のある肌(角層)を目指すため、ホワイティシモでは、美白有効成分であるビタミン C 誘導体と角質ケア成分からなる、「ファンクション C」を開発して、角層のすみずみまでうるおい、みずみずしく透明感あふれる肌に整えていきます。

 

3.ポーラホワイティシモのラインナップ

それでは、色白・美白化粧品として有名なポーラホワイティシモシリーズを、スキンケア商品(基礎化粧品)を中心にご紹介していきます。

3.1 ホワイティシモ薬用クレンジング クリア

定価 4,104円
内容量 120g(約100日分)

日中受けた紫外線によるダメージによって、メラニンを含んだ不用な角層がミルフィーユのように積み重なって、「角層ヘドロ」ができてしまいます。
そこで、ツルツルのオイルを含んだクリームによって、汚れや落ちにくいメイクもつるりと洗い流して、明るい柔らかい肌に整えます。

ホワイティシモ 薬用クレンジング クリアの成分

水、エチルヘキサン酸セチル、軽質イソパラフィン、流動パラフィン、シクロペンタシロキサン、炭酸ジカプリリル、BG、ステアリン酸PEG、サラシミツロウ、ペンチレングリコール、ベヘニルアルコール、イソステアリン酸POEグリセリル、グリチルレチン酸ステアリル、ラン抽出液、ハイビスカスエキス(A)、メリッサエキス、セイヨウノコギリソウエキス、クララエキス−1、アルニカエキス、水添大豆リン脂質、フィトステロール、イソステアリン酸PEG、ステアリン酸ソルビタン、SEステアリン酸グリセリル、グリセリン脂肪酸エステル、セバシン酸ジイソプロピル、無水エタノール、カルボキシビニルポリマー、ビタミンE、水酸化K、エタノール、尿素、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、メチルパラベン、プロピルパラベン

3.2 ホワイティシモ薬用ウォッシュクリア

定価 4,104円
内容量 120g(約100日分)

スプリングのようなキメの細かい泡で、肌の不要な古い角質や毛穴の汚れまでスッキリと洗い流し、明るく柔らかい肌に導きます。

ホワイティシモ 薬用ウォッシュ クリアの成分

水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、アルキルグリコシド、アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミドコーポリマー液、グリチルリチン酸2K、ラン抽出液、ハイビスカスエキス(A)、メリッサエキス、セイヨウノコギリソウエキス、クララエキス−1、アルニカエキス、オレンジフラワー水、N−ラウロイルサルコシンイソプロピル、水添大豆リン脂質、フィトステロール、DPG、BG、カルボキシメチルセルロースNa、セバシン酸ジイソプロピル、無水エタノール、エタノール、尿素、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体

3.3 ホワイティシモ薬用フォームディープクリア

定価 5,940円
内容量 90g(約30回分)

濃密な、白玉のような泡の洗顔料です。
3日に1度の集中洗顔と美白マスクのスペシャルケアとして使うと、もちもちの泡が肌の細かいところにまで密着して、透明感あるやわらかな肌に変化していきます。

ホワイティシモ 薬用フォーム ディープクリアの成分

水、グリセリン、ジグリセリン、BG、POEフィトスタノール、LPG、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、ベヘニン酸、アスコルビン酸2−グルコシド、ペンチレングリコール、セタノール、グリチルリチン酸2K、ラン抽出液、ハイビスカスエキス(A)、メリッサエキス、セイヨウノコギリソウエキス、クララエキス−1、アルニカエキス、人参エキス、アルギニン、クインスシードエキス、水添大豆リン脂質、フィトステロール、イソステアリン酸POEグリセリル、水酸化K、グリセリン脂肪酸エステルアジピン酸縮合物、クエン酸Na、セバシン酸ジイソプロピル、無水エタノール、ビタミンE、エタノール、クエン酸、尿素、メチルパラベン、プロピルパラベン

3.4 ホワイティシモ薬用ローションホワイト

本体定価 4,860円
リフィル定価 4,428円
内容量 150mL(約100日分)

みずみずしく透明感のある肌を目指すため、美白有効成分「ビタミンC誘導体」が含まれたオリジナル成分「ファンクションC」によって、角層のすみずみまでうるおいで満たします。
ターンオーバーをサポートして、透明感のある肌に整えていきます。

ホワイティシモ 薬用ローション ホワイトの成分

水、グリセリン、BG、アスコルビン酸2−グルコシド、ペンチレングリコール、PEG(30)、PEG−8、カンゾウフラボノイド(2)、クララエキス−1、マヨラナエキス、アスパラサスリネアリスエキス、濃グリセリン、水酸化大豆リン脂質、ゴボウエキス、桑エキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、POE・ジメチコン共重合体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、グリチルリチン酸2K、ローズ水、オレンジフラワー水、ジグリセリン、水酸化K、POE水添ヒマシ油、キサンタンガム、クエン酸Na、クエン酸、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン

3.5 ホワイティシモ薬用ミルクホワイト

定価 5,940円
内容量 80mL(約100日分)

ポーラオリジナル複合成分「ファンクションC」の働きによって、なめらかな感触でうるおいのあるふっくらした、やわらかな肌に整えていきます。
透明感あふれる肌を目指す、薬用美白乳液です。

ホワイティシモ 薬用ミルク ホワイトの成分

水、BG、グリセリン、α−オレフィンオリゴマー、メチルフェニルポリシロキサン、アスコルビン酸2−グルコシド、エチルヘキサン酸セチル、カンゾウフラボノイド(2)、クララエキス−1、マヨラナエキス、アスパラサスリネアリスエキス、濃グリセリン、水酸化大豆リン脂質、ゴボウエキス、桑エキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、グリチルリチン酸2K、ビタミンE、硬化油、ジグリセリン、ローズ水、オレンジフラワー水、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、ジメチコン、水酸化K、ステアリン酸PEG、カルボキシビニルポリマー、ステアリン酸ソルビタン、ポリオキシブチレンポリグリセリンステアリルエーテル、PEG(30)、クエン酸Na、ベヘニルアルコール、リンゴ酸ジイソステアリル、キサンタンガム、クエン酸、無水ケイ酸、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン

3.6 ホワイティシモ薬用UVミルキィ ホワイト

定価 4,536円
内容量 50g(約100日分)
SPF20・PA++

1本4役で、美白と保湿、紫外線カットやブライトアップまでが可能になる、日中用の美白乳液です。
クリームがスキンケア商品のような感覚で肌になじむので、ワントーン明るい顔色に整えることができます。

ホワイティシモ 薬用UVミルキィ ホワイトの成分

水、BG、メチルフェニルポリシロキサン、パラメトキシケイ皮酸オクチル、α−オレフィンオリゴマー、グリセリン、シクロペンタシロキサン、PEG−8、アスコルビン酸2−グルコシド、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸デカグリセリル、カンゾウフラボノイド(2)、クララエキス−1、マヨラナエキス、アスパラサスリネアリスエキス、濃グリセリン、水酸化大豆リン脂質、ゴボウエキス、桑エキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、ヒアルロン酸Na−2、グリチルリチン酸2K、ビタミンE、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、硬化油、ステアリン酸、ベヘニン酸、水酸化K、キサンタンガム、トリステアリン酸デカグリセリル、ステアロイル乳酸Na、セタノール、クエン酸Na、エタノール、アクリル酸アルキル共重合体メチルポリシロキサンエステル、クエン酸、ポリアクリル酸塩、含水ケイ酸、セスキイソステアリン酸ソルビタン、酸化チタン、2,4−ビス−[{4−(2−エチルヘキシルオキシ)−2−ヒドロキシ}−フェニル]−6−(4−メトキシフェニル)−1,3,5−トリアジン、硬化ヤシ油脂肪酸グリセリル硫酸Na、黄酸化鉄、微粒子酸化チタン、水酸化Al、ベンガラ、TEA、メチルパラベン、プロピルパラベン

3.7 ホワイティシモ薬用クリームホワイト

定価 10,260円
内容量 30g(約100日分)

ヨーグルトのようなみずみずしい感覚のクリームで、長時間角層をしっかりと包み込みます。
明るく透明感のある肌に導く、薬用美白クリームになります。

ホワイティシモ 薬用クリーム ホワイトの成分

水、グリセリン、エチルヘキサン酸セチル、BG、シクロペンタシロキサン、トリエチルヘキサン酸グリセリル、アスコルビン酸2−グルコシド、α−オレフィンオリゴマー、ベヘニルアルコール、ステアリン酸PEG、ワセリン、ステアリン酸ソルビタン、カンゾウフラボノイド(2)、クララエキス−1、マヨラナエキス、アスパラサスリネアリスエキス、濃グリセリン、水酸化大豆リン脂質、ゴボウエキス、桑エキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、ビタミンE、グリチルリチン酸2K、オレンジフラワー水、ローズ水、ジメチコン、水酸化K、カルボキシビニルポリマー、飽和脂肪酸グリセリル、キサンタンガム、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

4.ポーラホワイティシモの使い方

ホワイティシモ薬用クレンジング クリア

1回分の使用量は、さくらんぼ1粒くらいです。

 

目元や口元はデリケートなので、まずはクレンジングを少量コットンにつけて、ふき取っておきます。
そのあとで、今度は適量を手にとって、顔の内側から外側に向かって全体的に伸ばしていきます。
そして、指の腹でらせんを描き、なじませて洗い流します。

ホワイティシモ薬用ウォッシュクリア

1回の使用量は、朝5mm 程度、夜1cm 程度が標準です。

 

洗顔クリームを、手のひらでレモン1個分くらいの大きさに泡立てます。
泡立てた洗顔料でTゾーンから洗い、内側から外側へ、らせんを描いて顔全体を洗います。
最後に、すすぎ残しのないようにしっかりと洗い流します。

ホワイティシモ薬用フォームディープクリア

1回の使用量は、大きめのマスカット1粒分になります。

 

目と口の周りを避けて顔全体に塗り、3分〜5分、そのままの状態で置きます。
その後、顔全体に広げながら洗い流していきます。

ホワイティシモ薬用ローションホワイト

1回の使用量は、2プッシュ分になります。

 

適量を手に取り、顔全体になじませます。
目元や口元など乾燥している部分には多めに乗せて、Tゾーンなどの脂っぽい部分は控えめにつけていきます。
つけ終わったら、手のひらで顔全体を包み込んで、ローションを肌に密着させます。

ホワイティシモ薬用ミルクホワイト

1回分の使用量は、1プッシュ分になります。

 

クリームを顔全体になじませますが、乾きやすい目元や口元には多めに、脂っぽいTゾーンなどには、少なめにつけるようにします。
顔全体になじませたら、肌への浸透率を高めるために、顔全体をつつみ込むようにして密着させます。

ホワイティシモ薬用UVミルキィ ホワイト

1回の使用量は、大きめの真珠1粒くらいです。

 

乾燥しやすい部分を中心になじませた後、紫外線に当たりやすい部分はさらにていねいになじませて、紫外線カットの効率を上げます。

ホワイティシモ薬用クリームホワイト

1回分の使用量は、真珠1粒くらいです。

 

目元や口元などの乾いた部分は重点的に、そして、Tゾーンや額などの脂っぽい部分はさっぱりとつけていきます。
クリームをつけた後は、手のひらで顔全体を包み込み、クリームを肌に密着させます。

使う順番

ホワイティシモを使う順番として、効果的なステップは次の通りです。

(夜のみ)ホワイティシモ薬用クレンジング クリア

ホワイティシモ薬用ウォッシュクリア
+ホワイティシモ薬用フォームディープクリア(3日に1回)

ホワイティシモ薬用ローションホワイト

ホワイティシモ薬用ミルクホワイト

(朝のみ)ホワイティシモ薬用UVミルキィ ホワイト

(夜のみ)ホワイティシモ薬用クリームホワイト

 

5.ポーラホワイティシモにトライアルセットはある?

ホワイティシモには、トライアルセットがありません。

 

けれどもポーラでは、他のシリーズ(ライン)ではトライアルセットを用意しているものもあります。

 

ホワイティシモにトライアルセットはありませんが、そのかわり、美白スペシャルケアシリーズとして登場した「ホワイトショット」には、ジュニアサイズがあるので、お試し感覚で使うことができます。

 

→ ホワイトショット SX ジュニアサイズの体験談はこちら

定価 7,020円
内容量 10g(約1.5ヵ月分)

 

6.ポーラホワイトショットシリーズとは

ポーラには、色白・美白用化粧品として、ホワイティシモとホワイトショットの2シリーズがあります。

 

ポーラのホワイトショットシリーズは誕生以来、プロの美容化たちから絶賛されている、色白・美白効果がダントツの基礎化粧品だといわれています。

 

肌は本来、自分自身で肌の色を白くする力を持っています。
ところが、加齢と共に、過剰に生産されたメラニンを細かく分解する力は衰えてきます。
そこで、ホワイトショットはメラニン分解の働きを助けて、顔のシミやそばかすを防いで、色白の肌をキープし続けます。

 

また、ホワイトショットシリーズに含まれている、ビワの葉から抽出したオリジナル美容成分によって、さらに透明感のある肌に整えていきます。

 

ホワイトショットシリーズには、次のような商品があります。

ホワイトショット QX(スペシャルマスク)

定価 11,880円
内容量 シートマスク24mL(1枚入り)×5包

ホワイトショット CX(エッセンス )

定価 16,200円
リフィル定価 15,120円
ラージリフィル定価 27,000円
内容量 25mL(約2ヵ月分)

ホワイトショット SX (エッセンス)

定価 12,960円
内容量 50g(約2ヵ月分)

ジュニアサイズ
定価 7,020円
内容量 10g(約1.5ヵ月分)

ホワイトショット RX(クリーム)

定価 12,960円
リフィル定価 12,420円
内容量 50g(約2ヵ月分

 

ホワイトショットシリーズにはクレンジングやローションが含まれていないので、「ホワイティシモ」と組み合わせて使うのもありかと思います。

(夜のみ)クレンジング

ウォッシュ

ローション

(夜のみ)ホワイトショット QX(スペシャルマスク)

ホワイトショット CX(エッセンス )

ホワイトショット SX (エッセンス)

ミルク

(夜のみ)ホワイトショット RX(クリーム)

 

ホワイトショットの口コミ・評判

 

7.ポーラのトライアルセット

ポーラでは、色白・美白化粧品やエイジングケアを組み合わせた商品まで取り扱っています。
残念ながら、ホワイティシモのシリーズにはトライアルセットはありませんが、他のシリーズをトライアルで試してみるのもよいかもしれません。

B.A ビューティーナビゲーションキット フォートラベル

定価 13,500円
約2週間分

セット内容

・B.A クレンジングクリーム 20g
・B.A ウォッシュ 20g
・B.A ローション 20mL
・B.A ミルク 15mL
・B.A クリーム 5g
・POLA KINCHAKU(巾着)

さすがにポーラ最高級のスキンケアラインなので、トライアルセットと言っても、かなりのお値段になります。
巾着ですら、高級感があります。

 

B.A は、肌の誕生因子のひとつ、「バーシカン」に着目をしています。
「バーシカン」とは、胎児期に肌を作るための因子で、お母さんのお腹の中で大量に生み出されますが、大人になるとほとんど作られなくなってしまいます。
加齢によって「バーシカン」が減少すると、細胞自体も老化をして、肌全体が老化してしまうと考えられています。

 

さらに、シルクの原料となる繭玉(まゆだま)の中でも、希少な種類とされているまゆから抽出された、ポーラ独自の保湿成分「ゴールデンLP(加水分解シルク)」が含まれています。

RED B.A モイスチャースターターセット

定価 8,964円
約1ヶ月分

セット内容

・RED B.A ローション 40mL
・RED B.A ミルク 40mL

こちらも、トライアルセットとしては高価な部類に入ると思います。

 

RED B.A は、そろそろお肌の状態が心配になり、エイジングケアを考えている方におすすめのシリーズです。

 

何となく肌の印象が変わったような気がする方、夕方になると肌がくすんでくる方、しなやかな肌を目指したい方などにおすすめのラインです。
ポーラは、現代の生活習慣による女性の心理ストレスと肌の美しさの関係に着目して、心理ストレスが肌内部のコラーゲンにダメージを与えることを突き止めました。

 

そこで、RED B.A は濃厚な果物と華やかな花々が融合された香りによって、心的ストレスを軽減していくと共に、オリジナル成分B.A リキッドEによって、肌を若々しくつややかに保ちます。

モイスティシモ トライアルセット

定価 3,456円
約2週間分

セット内容

・クレンジングクリーム 20g
・ウォッシュ 20g
・ローション 20mL
・ミルク 8mL
・クリーム 4g

お肌の劣化は、乾燥によってスピードが早まります。
モイスティシモは、乾燥の原因は角層にあることに着目しました。
そこで、角層をうるおいで満たして正常な状態に戻して、外部刺激から守り、肌をみずみずしく保ちます。

 

8.ポーラホワイティシモをどこで買おうかしら?

ポーラホワイティシモは、公式のオンラインショップで購入することができます。

 

ポーラはデパートでの出店をはじめましたが、それでも訪問販売がメインになっています。

 

訪問販売を受けると、商品の説明はしっかりとしてもらえますが、断りにくくなります。
そう、気にいらなくても購入しなければいけないような気持ちになってしまいます。

 

オンラインショップを利用して購入すると、その時に応じて限定サービスを受けることができます。
また、電話で直接化粧品の選び方などの相談をすることができます。

 

対面販売ではないので、断りきれなくてついうっかり買ってしまったという失敗もありません。

 

オンラインショップでは、ホワイティシモについて細かい説明もあるので、興味のある方はのぞいてください。

 

また、クレンジングとウォッシュをセットで購入すると、ポーラ特製の泡立てネットのプレゼントがあります。

 

↓公式サイトはこちら
ホワイティシモUV ブロック シールドホワイト

 

9.ポーラホワイティシモとアスタリフトホワイトの美白シリーズの比較

松田聖子さんのコマーシャルで有名なアスタリフトホワイトの美白シリーズも、色白になると評判です。
↓こちらがアスタリフトホワイトの公式サイトです。
アスタリフトホワイト

 

アスタリフトホワイトの美白シリーズは、写真のフィルムで有名な富士フイルムが製造しています。
富士フイルムでは、フィルムと肌が似ていることに着目をして、フィルムの技術を化粧品に応用しました。

ナノテクノロジー

写真のフィルムと角質は同じ厚さであることに注目し、ナノテクノロジーによって、肌に対して有効な成分を極限まで小さくして、肌内部の必要な場所に確実に届くようにしました。

コラーゲン研究

写真のフィルムも肌の真皮も、ほとんどがコラーゲンでできています。
そこで、 写真の劣化を紫外線から防ぐためのコラーゲン研究を、スキンケアに応用しました。

抗酸化技術

写真が色あせてしまうのは、活性酸素であることが原因となります。
肌も活性酸素によってシワやたるみの原因となるため、約4,000種類の抗酸化成分によって、肌の老化を抑えていきます。

 

それでは、ポーラホワイティシモと、アスタリフトホワイトのスキンケアシリーズを比較してみます。

比較項目

ポーラ
ホワイティシモ

アスタリフト
ホワイトシリーズ

洗顔

フォーム
4,104円

石けん
3,500円

化粧水 4,860円 5,500円
美容液 5,960円 8,000円
美容クリーム 10,260円 5,000円
UV美容液 4,536円 3,900円

ポーラのほうが高級なイメージがありますが、アスタリフトホワイトと比べてみると、それほど値段に差はないようです。

 

どちらも色白・美白化粧品としては人気が高いので、同じラインで全種類をそろえるのではなく、好みに応じて、効果がありそうな化粧品を選んでもよいのではないでしょうか。

 

アスタリフトホワイトの口コミ・評判

 

10.ポーラとは

ポーラは、1929年 静岡市で創業されました。
「最上のものをお一人おひとりにあったお手入れとともに、直接お手渡ししたい」という理念の下で、ポーラレディによる訪問販売を中心に化粧品販売を行なってきました。

 

今では、デパートに「ポーラコーナー」があり、エステティックサロンがある「POLA THE BEAUTY(ポーラ・ザ・ビューティ)」など、対面販売も行なっています。

 

「POLA」 は、巴里祭や、巴里の屋根の下などに出演した女優、ポーラ・イルリが由来となっているそうです。

 

ポーラでは、美しい人は本来の力を高め、持続させる力を持っているという、サスティナブル美容理論に着目をしています。
サスティナブルには、「持続可能な」という意味があります。

*肌がみずから美しくなろうとする「美肌力」
*心と身体の総合力である「活力」
*自分らしい美しさを表現する「魅力」

この3つの力がお互いに影響しあって、本来の美の力を高めて継続していきます。

 

そのため、美しさの象徴である肌を整えることだけでなく、内面の美しさもみがいていきます。
つまり、若さを求めるための美ではなく、年齢を重ねるごとに外見も内面も自分らしい美しさを高めていくことを目指していきます。

 

11.まとめ

ポーラの美白に対する理念は、ただ単に若さを強調して自分を飾るだけではなく、外見に劣ることなく内面も高めていき、美しい肌から美しい人に自分を高めていくことにあります。

 

肌が美しくなれば自分に自信が出て、背筋を伸ばして歩くことができるようになります。
そして、それが新しい魅力へとつながっていきます。

 

このような理念に基づいたホワイティシモを使うことによって、自分の内側に秘められた美が表に出てくれば、それは素晴らしい魅力につながっていくと思います。

 

ポーラは日本を代表する化粧品メーカーなので、日本人の女性の肌をよく知っています。
そのため、化粧品を安心して毎日使うことができます。

 

海外の有名ブランドを卒業して、老舗の日本ブランド化粧品を使ってみるのもよいのではないかと思います。

 

→ 公式サイトでさらに詳しく

 

page top