色白になる方法

色白になる方法!【短期間】これだけやればゼッタイ半年で美白成功!

 

ここでは色白になる方法をご紹介します。

 

色白の女性と色黒の女性。
どちらに魅力的に感じますか?

 

この質問に、ほとんどの男性が
「色白の女性が好き」と答えるのではないでしょうか。

 

色黒は、不潔感すら感じるという人もおられます。
一方で透けるような美しい肌は、
みているだけで うっとりしてしまう、というのが男性の意見です。

 

ここでは色白になる方法をご紹介しますので、興味のある人は読み進めてください。

 

それではまいりましょう!

もくじ

1.「色白になる方法」基本中の基本! 100%の紫外線対策を心がけましょう

色白になる方法!【短期間】これだけやればゼッタイ半年で美白成功!

 

「なんだ、紫外線対策なら知ってる!」

 

いえいえ、普通の対策では間に合いません。
紫外線対策は、徹底的にやればやるほど美白効果が上がります。

 

色白になりたければ、まずはこれ以上黒くならない努力が重要。
いますぐ紫外線対策をスタートしましょう。

 

1-1 紫外線対策は1年中!

梅雨が明けた7月下旬頃から陽射しが強烈になるため、この時点でようやく日焼け止めを使い始める方が多いと思います。
しかし、これではぜんぜんダメ!

 

日差しは強くなくても、紫外線はすでに3月から強くなっています。

 

また、10月になると日差しが弱くなるので安心してしまいますが、10月から2月の間でも紫外線は降り注いできます。

1-2 日焼け止めは一年中!

紫外線は一年中降り注いできます。

 

そこで、日焼け止めは1年中使うようにしましょう。
冬の間は、朝、顔に下地クリームの代わりに1回使えば十分です。
手脚には塗らなくても大丈夫でしょう。

 

3月になったら、朝、日焼け止めの2度塗りを心がけましょう。
3月中旬になると日差しが強くなってくるので、首や手の甲にも塗りましょう。

 

脚は、気になる方は日焼け止めを使うとよいでしょう。
でも、脚くらいは多少日に焼けていたほうが健康的に見えてよいと思う方は、あまり気にしなくてもよいと思います。

 

後ほど、日焼け止めの種類についてあらためて説明をいたします。

1-3 UV カット率○○%は信用しないで!!

色白になる方法!【短期間】これだけやればゼッタイ半年で美白成功!

 

初夏になると、UVカットの洋服や日傘などが店頭に並びます。
中には99%カットのものもあるので、それさえ使っていれば安心だと思ってしまいます。

 

ところが、90%でも99%でも、UV カット率に大した違いはなく、紫外線防止には効果がないと言われています。

 

透けるような日傘を差しても、ほとんど意味はないというわけです。

 

紫外線を完全に遮断するには、光が少しでも漏れては何もなりません。
つまり遮光率100%の生地でできた洋服や日傘でなければ意味がないということになります。
ほとんどの日傘は、太陽に向かって生地に手をかざすと、手の形がはっきりとわかってしまいます。
これは、光が通過しているという証拠になります。

 

今販売されている日傘は、紫外線反射剤で加工されています。
紫外線を反射させることで肌にまで届かないようにしていますが、これでは傘の繊維の間から光が漏れてしまいます。

 

遮光率100%の生地とは、ズバリ遮光カーテンです。

 

遮光カーテンを閉めて夜寝ると、朝起きた時でも部屋の中は真っ暗です。
この状態でなければ、紫外線を完全に遮断することはできません。

 

これから日傘や日よけの帽子を買う時には、遮光率100%以外のものは使用しない方がよいでしょう。

 

遮光率100%の日傘は手をかざしても絶対に透けることはなく、持っていても重いです(何しろ遮光カーテンですから)。

 

しかし、遮光率100%の日傘はあまり販売されておらず、探すのが大変です。
そこで以下に、遮光率100%の日傘をご紹介します。

 

興味のある日傘があればタップしてください。
画像をクリックすると、価格や口コミを見ることができます。

遮光率100%の傘はコチラ!



 

 

 

 

1-4 日に当たらないように、くふうして歩く!

日傘を差しているからといって、安心はできません。

 

どうしても色白になりたい方は、絶対にこれ以上肌を焼かないように、道を歩くときもできるだけ日陰を選んで歩きましょう。
両側に建物がない道は、日陰が全くないので危険です。
遠回りをしてでも、日陰がある道を選んで歩くようにしましょう。

 

また3月から9月までは紫外線が強いので、できるだけ外を歩かないほうがよいでしょう。

 

すぐ近くのコンビニに行くときやゴミ出しのときでも、帽子や日傘で日よけをしながら歩きましょう。

 

出かけるときはできるだけバスや車に乗って、直射日光に当たらないように気をつけましょう。

 

洗濯物を干すときにほんの少しの間日に当たるだけでも、それが毎日続けばしっかり日焼けをしてしまいます。
紫外線が強い期間は部屋干しをしたり、朝早く干して4時過ぎに取り込むなど、日に当たらない工夫をしましょう。

 

陽の光に直接当たらないように気をつけるだけで、これ以上日に焼けることを防止するだけでなく、今まで焼け続けてきた肌の色はかなり白くなってきます。

 

自分のもともとの肌の色を知るには、あまり日が当たらない場所、太ももの内側や二の腕の内側などの色を参考にするとよいでしょう。

日傘だけでは不安な人にオススメ!

・日傘をいつも持ちあるくのは大変。
・スカートから出た脚を焼きたくない。
・日傘だけじゃ心配。
そんな人は、日傘サプリがオススメです。
↓詳しくはコチラ!


 

2.紫外線対策と同時に体の中から色白対策!

2-1 ビタミン Cをたっぷり摂取!

色白になる方法!【短期間】これだけやればゼッタイ半年で美白成功!

 

紫外線を完全にシャットアウトすると同時に、食事にも気をつけましょう。

 

美白と言えばビタミン C です。

 

日本人のビタミン C 必要摂取量は、1日100ミリグラム以上とされています。

 

野菜や果物を好んで食べる方であれば、 1日100ミリグラムくらいは余裕で摂取できるでしょう。

 

体に何も異変がないときは、1日100ミリグラムのビタミン C で間に合います。
ところが、疲れていたり風邪をひきそうになった時に大量のビタミン C を摂取すると、体が楽になることがあります。

 

どんなに日の光に注意をしても、必ず紫外線を浴びてしまいます。
そこで、肌が日光にさらされてダメージを受けた状態を早く修復するために、ビタミン C を1日に1000ミリグラム摂取しておくと安心です。

 

↓amazonで購入するならこちら!届くのが早いです。

 

 

2-2 ビタミン Cはサプリで補給!

いちごやキウイにはたくさんのビタミン C が含まれていますが、毎日大量に食べ続けるわけにはいきません。

 

キウイ1個にはビタミンC が69 ミリグラム含まれているので、1000ミリグラム摂取するには毎日15個食べ続けなければなりません。

 

そこで、ビタミン C は買いやすい値段でサプリメントが出回っているので、これを利用しましょう。

 

色白になるための美容成分が含まれているサプリメントもたくさんありますが、どれもかなり高価なので、一度買ってもリピートする気になりません。

 

リピートできないサプリメントをときどき買って飲むよりも、純粋なビタミン C だけを飲み続ける方が、いざという時に効果を発揮してくれると思います。

 

ビタミン C は溶けやすくすぐに排泄されてしまうので、ビタミン C 1000ミリグラムを3回に分けて毎日飲み続けてみましょう。

 

 

肌が生まれ変わるターンオーバーは、28日周期です。
紫外線防止をしっかりとして、ビタミン C を1か月飲み続けると、今までの日焼けがかなり治まってくると思います。
これを半年続けるだけで、思っている以上の色白の効果が現われてくるでしょう。

その他ビタミンCサプリメント

 

 

 

3.色白になる具体的な方法

3-1 日焼け止めは1年中使いましょう

9月の後半になると陽射しが弱くなるので、日焼け止めクリームをやめてしまう方がいるようです。

 

ところが、真冬でも紫外線は降り注ぎます。

 

色白になりたければ、真冬のごみ出しでも日焼け止めクリームを塗って帽子をかぶって、しっかりスタンバイをしてから外に出ましょう。

 

日焼け止めは、文字通り紫外線をブロックしてくれます。

 

日焼け止めには、紫外線を反射させるタイプと紫外線を吸収するタイプの2種類があります。

 

紫外線を反射させる「紫外線散乱剤」は、金属酸化物が原料になっています。
金属と聞くと肌に悪いようなイメージがありますが、自然に存在する成分を多く使っているので、肌への負担は軽くて済み、紫外線効果が長持ちします。
紫外線散乱剤はメリットが大きいのですが、塗る量が多いと、肌が真っ白くなってしまいます。

 

一方、紫外線を吸収していく「紫外線吸収剤」は、有機化合物が原料となっています。
つける量を増やしても肌が真っ白くなることがないので、使いやすいことがメリットです。
しかし、紫外線を吸収すると化学反応で変質していくので、紫外線カットの効果が長続きしません。
また、肌への負担が大きくなることがデメリットになります。

色白になるために、絶対外せないものが「日焼け止め」です。

 

日焼け止めは一年中使い続けたいものなので、ここで簡単に肌に対する作用について説明をしておきます。
もう知っているからいいよという方は、確認のために軽く読み流しておいてください。

3-2 日焼け止めのPAとSPFって何?

日焼け止めには、必ずPAとSPFの数値が書かれています。

 

PAとは

PAは紫外線A波をどれだけブロックできるかの基準で、PA++++、+++、++、+、で表わされます。

 

+の数が多いほど、紫外線 A波防止の効果があります。

 

紫外線A波は波長が長いため、どんなところからも入り込んで肌の奥まで達してしまいます。
ガラスも通過するので、部屋の中や電車や車の中にいても紫外線を浴びる可能性があります。
紫外線A波を受けると、肌が黒くなります。
さらにコラーゲンを破壊してしまうので、シワやたるみなどの原因になってしまいます。

 

SPFとは

SPFは、紫外線 B 波からどれくらいの間防御できるかを表わした数値です。
数値が大きいほど、紫外線の影響を受けるまでの防御時間が長続きします。
紫外線 B 波は肌表面が赤くなり、過剰なメラニン色素を作り、シミやソバカスの原因になってしまいます。
紫外線 B 波は、10月から2月の間は減っていきます。

 

ちなみに、紫外線には C 波まであります。
紫外線C 波は有害な光で、皮膚病の原因となります。

 

日焼け止めは、紫外線の A波と B 波をカットしていきます。

3-3 日焼け止めのタイプ

クリームタイプ


日焼け止めというと、クリームタイプが一般的です。

 

しっかり塗ることができるので落ちにくく、化粧下地としても使えますが、塗り過ぎると肌表面が真っ白くなってしまいます。
また落ちにくいので、簡単に洗っただけでは成分が残ってしまいます。

 

乳液タイプ


伸ばしやすくて塗りやすいので、肌に負担をかけずに薄く伸ばすことができます。

 

ローションタイプ


化粧水のようにサラサラとしているため使いやすいのですが、落ちやすく効果も低めなので、つけていてもあまり過信はできません。

 

ジェルタイプ


塗った後の肌がサラサラになるので、ベタベタ感が嫌いな方におすすめです。
透明なので白浮きもしませんが、刺激が強い成分が配合されていることが多いので、一年中の使用には注意が必要です。

 

スプレータイプ


シューッとひと吹きするだけなので手軽ですが、塗りムラができやすいタイプです。
また、ストッキングなどの衣類の上からスプレーすると、取れないシミが残ってしまいます。

 

パウダータイプ


お化粧の仕上げにパタパタしておくと、なおいっそう肌を紫外線からガードすることができます。
落ちやすいので、何度もパタパタし直しましょう。

 

夏の強い日差しの下では、クリームタイプの日焼け止めを2〜3重に重ね塗りして、その上からさらにパウダータイプをパタパタすると、顔がテカることなく涼しげに見えるかもしれません。

 

ただし、クリームタイプの日焼け止めを顔に重ね塗りすると、バカ殿様状態になってしまいます。
そのため、夏の間はファンデーションの色をワントーン落とすとよいかもしれません。

3-4 人気の美白対策 化粧品はコレ!

色白になる方法!【短期間】これだけやればゼッタイ半年で美白成功!

 

紫外線対策を完璧にして、補助的にビタミン Cを摂取により、少しずつ色白に近づいてきます。

 

しかし

 

「もっと早く色白になりたい」「キレイなお肌になりたい」と思う方は、化粧品をぜひとも使ってみましょう。

 

ここでは、ホワイトニングの効果が期待できる化粧品を4点ご紹介します。

 

ホワイトショット

 

ホワイトショットは化粧品メーカーの老舗、ポーラのヒット商品。
気になる部分に成分がピタッと密着する薬用美白美容液となっていて人気があります。

 

VOCEやMAQUIAなどを筆頭に、年間ベストコスメの美白部門において多数受賞をしています。

 

ホワイトショットSXは、シミやそばかすなどの気になる部分に使用する、クリームタイプの薬用美白美容液。

 

夏場の日焼けが冬になると消えていくように、みずからが白く美しくなる力に着目し、ポーラオリジナル美容成分によって透明感のある肌を目指していきます。

 

公式通販サイトはこちら

 

ホワイトショットの口コミ・評判はこちら

 

 

 

薬用プロフェッサーホワイトエッセンス

薬用プロフェッサーホワイトエッセンス

 

薬用プロフェッサーホワイトエッセンスは、できてしまったシミを隠すのではなく、肌の奥にまで直接浸透していくタイプの美容液です。

 

従来の8倍の浸透力で、表面に出てきていない隠れシミにまで直接アプローチして美白に導いていきます。
ジェルタイプなので真夏でもべたつき感はなく、日焼け止めとセットにして使うと、紫外線を防ぎながら美白のための修復を行ない、顔色がワントーン明るくなっていきます。

 

公式通販サイトはこちら

 

プロフェッサーホワイトエッセンスの口コミ・評判はこちら

 

 

スキンビル ホワイトピーリングジェル

skinvill<スキンビル ホワイトピーリングジェル>
このクリームは、水溶性プラセンタエキスやビタミンB群などが豊富に含まれているので、メラニンの生成をおさえてシミやソバカスを防ぐことができます。

 

また、グリチルリチン酸2Kの働きで、にきびや肌荒れや脂肌を改善することができます。
洗顔後、気になる部分にクリームを塗ってマッサージをすると、ボロボロと汚れが落ちてくるので洗い流して通常のお手入れをすると終了です。
1週間に1〜2回使うと、一皮むけたように肌が白くなっていきます。

 

公式通販サイトはこちら

 

ホワイトピーリングジェルの口コミ・評判はこちら

 

 

薬用ホワイトイオニックス

薬用ホワイトイオニックス

 

薬用ホワイトイオニックスは、シミやくすみや老人性色素斑などを解消していきます。

 

老人性色素斑とは、ほほやこめかみにできたくっきりとしたシミのことで、老人シミとも呼ばれています。
形が大きくクッキリとして、目立つことが特徴です。
老人性と名前がついていますが、30代や40代の方でも多く見られる症状です。

 

グリチルリチン酸2Kや水溶性プラセンタエキスが配合されたジェルを塗り、その上からさらにホワイトイオニックス(エステ美容器)を毎日5分使うだけで、美白の効果が期待できます。

 

公式通販サイトはこちら

 

ホワイトイオニックスの口コミ・評判はこちら

 

4.エステや美容皮膚科で150%の「色白」完成!

色白は、3つの対策により、かなりお肌は白くなっていきます。

・直射日光に当たらない
・毎日ビタミン C を1000ミリグラム摂る
・美白効果のあるお化粧品を使い続ける

この3つの中で一番重要なことは、やはり何と言っても直射日光に当たらないで紫外線を防止することです。

 

そうは言っても、真夏の海で自分だけ真っ黒い洋服で全身を包み隠すわけにはいきません。

 

真冬に自分だけ日傘をさして歩いていると、絶対にヘンな人扱いになります。

 

どうしようもなくうっかり日焼けをしてしまったら、最後の頼みで美容皮膚科やエステに通うことで、超完璧な真っ白い肌を手にいれることができます。

 

4-1 フォトフェイシャル(美容皮膚科)

フォトフェイシャルは、IPL(インテンス・パルス・ライト)という光を肌に当てて、シミやくすみを取っていく方法で、美容皮膚科などのクリニックで施術をします。

 

肌のメラニンが沈着した黒い部分に対して光が反応して、メラニンにダメージを与えていきます。

 

余談ですが、IPLは黒いものに反応する光なので、フェイシャル用のマシンの応用として脱毛器が開発されていきました。

 

フォトフェイシャルは、カメラのフラッシュのような強い光を顔全体に当てていきます。
パチンパチンとゴムで強くはじかれたような痛みを感じますが、がまんできない程度ではありません。

 

施術後は赤ら顔になり、2〜3日たつとシミがかさぶたのようにポロポロと取れてきます。

 

フォトフェイシャルは1回で終了ではなく、1か月に一度の間隔で、6回くらい通って終了になります。
6回の間に、シミと共に色黒の地肌も色が抜けていき、次第に肌全体が白っぽくなっていきます。

 

IPLの光は、肌の新陳代謝にもかかわっています。

 

そのため、メラニン色素にダメージを与えながら、コラーゲンを再生する線維芽細胞を活性化するので、肌のキメが細かく整って、肌全体にハリが増してきます。

 

 

★ソシエのホワイトシステムプラス(エステ)

003_美白・透明感アップケア

 

エステのソシエには、美白のための75分のエステコースがあります。

 

今まで日に焼けた肌をほったらかしにしておいた方は、美白効果のあるエステを体験すると、1回でかなり色白になることがわかります。

 

ソシエでは、プロのクレンジングテクニックによって、今まで溜め込んでいた汚れがすべて落とされて、それだけで透明感ある白い肌に近づけていくことができます。
さらに、血行不良でくすみがちになった肌も、ハンドテクニックによって血液の流れを良くして、エステ終了後にはピンクの肌色に生まれ変わります。

 

また、血液の流れがよくなると共に、顔に留まったリンパ液がきちんと首のつけ根まで戻されるので、顔のむくみがとれて一回り小顔になることができます。

 

ソシエ20年の技術に基づいた化粧品を使うことによって、ブライトニングケアとエイジングケアを同時に叶えることができます。

 

技術に自信!ソシエの美白の王道コース【ホワイトシステム プラス】

 

4-2 コラーゲンマシン(エステやスポーツクラブ)

 

コラーゲンマシンは、ここ2、3年で急速にに話題になり始めた全身美容器です。

 

レディーガガさんやビヨンセさんが自宅に持っているというコラーゲンマシン。
裸でカプセルのようなボックスに入ってピンクの可視光線を全身に浴びることによって、体内のコラーゲンの生成を助けるものです。

 

形としては、日焼けマシンのようなものだと思えばよいでしょう。

 

コラーゲンマシンのメリットは、代謝が上がり色白になり、髪の毛のハリやツヤがよくなります。

 

また、10回以上繰り返すとお肌がスベスベになり、お風呂の水をはじくようになります。
コラーゲンマシンに30分入っていると汗だくになるため、むくみがとれてダイエット効果も抜群です。
コラーゲンマシンに副作用は全くありません。

 

市販されているコラーゲンマシン関連商品を以下にご紹介しておきます。


 


 


5.「色白になる方法」のまとめ

今回は、色白になるための基本から、最高の美容法までをご紹介しました。

 

色白になるにはどうしても時間がかかります。
なるべく短期間で色白になりたい人は、太陽に当たらないだけではダメです。

 

どうすればよいのか?

 

それは、こちらでご紹介している様々な方法を同時並行で実践してみることです。

 

ぜひ、美しいお肌を手に入れてください。
美しいお肌により、自分に自信をもつことができるようになるでしょう。

おまけ

色白になる方法

 

色白になるために様々な努力をしている女性も多くいます。


そんな努力を続ける女性のために、これだけはしておきたい美白になる方法について説明します。


まず一番大切なことは、紫外線を避けることです。


どんなに頑張って努力しても日にあたってしまっては意味がないです。
特に夏は紫外線がきついので、外に出るときは日傘を差し、袖の長い上着やズボンを穿くようにします。
人目は気にしないでとにかく日にあたらない努力をします。


次にカラダの内側から美白を手に入れます。野菜中心の食生活に切り替え、美肌に必要なビタミンを摂取するように心がけます。
特に色白効果のあると言われているトマトは、積極的に摂るようにします。
スープにしたりパスタにしたり、そのまま食べたりと色々なアレンジが出来るので続けられます。


そして最後に美肌用の化粧品です。
色が白くなりたい箇所に毎日少しずつ塗ります。
一度にたくさんの量の化粧品を塗ってしまうと不自然で不健康な色の白さになってしまうので、少しずつ毎日続けることがポイントです。

 

紫外線はニキビにも害

 

黒いお肌が透き通った色白になり、みんがうっりするようになっても、そこにニキビができてしまえば最悪です。


さきほどご説明させて頂いた紫外線もそうですが、毛穴の詰まりによりお肌が黒く見えるという人もいます。


毛穴の詰まりとおでこニキビについてはこちらのサイトが詳しいです。


ニキビにお悩みの方は参考にすると良いでしょう。